フッゲライ [アウグスブルク] - 南ドイツ観光案内サイト

ロマンティック街道 Romantische Strasse

見る

フッゲライ Fuggerei

建造物>住宅群


世界最古の社会福祉住宅

15-16世紀の中世ドイツにおいて、鉱山や金融業で栄華を極めたフッガー家のヤコブ・フッガー(1459-1525)により、低所得者のために建てられた世界最古の福祉集合住宅。1514年に建設が始まり、1521年に完成した。家賃は、年間で1ライン・グルデン(0.88ユーロ)、創建当時から今も変わらない。単に貧しいだけではなく、「アウグスブルク市民」「敬虔なカトリック信者」であることなど、入居には様々な条件がある。140戸ある住宅には現在も多くの人が暮らしているが、13番の住宅が博物館として開放されており、16世紀当時の内装のままだ。また、博物館の隣の住宅は、モーツァルトの曾祖父が暮らし、フッゲライの大工頭として働いていたと言われる。

DATA

所在地/Fuggerei 56 86152 Augsburg
アクセス/中央駅から徒歩25分、市庁舎広場から徒歩8分
開館時間/8:00-20:00(10-3月は9:00-18:00)  休館日/無休
入館料/大人4ユーロ、小人2ユーロ
HPフッゲライ(ドイツ語)

  • 一部を博物館として公開しつつ、現在も入居者が暮らす (C)Regio Augsburg Tourismus

  • 蔦の絡まる建物が歴史を物語る  (C)Regio Augsburg Tourismus GmbH

  • 長屋のとんがった屋根が並ぶ  (C)Regio Augsburg Tourismus GmbH

  • 多くの観光客が訪れる  (C)Regio Augsburg Tourismus GmbH, Foto Rudolf Grillhiesl

  • 今も多くの人が暮らしている  (C)Regio Augsburg Tourismus GmbH



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り