バイエルン王博物館 - 南ドイツ観光案内サイト

ノイシュバンシュタイン城 Schloss Neuschwanstein

見る

バイエルン王博物館 Museum der bayerischen Konige

文化施設>博物館


ヴィッテルスバッハ家の歴史をたどる

ホーエンシュバンガウ城やノイシュヴァンシュタイン城の近くに、2011年オープンしたバイエルンの王家、ヴィッテルスヴァッハ家に関する博物館。バイエルンの統治を担って以来のヴィッテルスヴァッハ家の歴史が、家系図をもとに現代にいたるまで紹介されている。王家の晩餐で使用された豪華な食器をはじめ、ルートヴィッヒ2世については、メルヘン王として、神話に捧げたその生活ぶりを衣装などを交えて展示。ホーエンシュバンガウ城やノイシュヴァンシュタイン城の見学とセットで立ち寄りたい。この博物館は、アルプ湖畔の旧グランドホテル・アルペンローズをリノベーションしたもので、建物から眺める湖の風景も格別だ。

DATA

所在地/Alpseestrasse 27, 87645 Hohenschwangau
開館時間/4月-9月 9:00~19:00、10月-3月 10:00~18:00(チケットセンターは開館の1時間前からオープンし、閉館の1時間前に閉まる)
休館日/12月24日 入場料/大人9.50ユーロ、小人8.00ユーロ
アクセス/フュッセン駅のバスターミナルから、「シュヴァンガウ」もしくは「ターゲルベルグバーン」行きのバスに乗り、「ホーエンシュヴァンガウ」で下車。チケットセンターから徒歩で20分
HPバイエルン王博物館(独語・英語)

  • 湖のほとりの博物館。背後の山に見えるのがノイシュヴァンシュタイン城 (C)Agentur Marcus Ebener

  • 王家の晩餐で使用された豪華な食器 (C)Marcus Ebener



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り