レジデンツ - 南ドイツ観光案内サイト

ミュンヘン München

見る

レジデンツ Residenz

建造物>宮殿


栄華を極めた王家の居城

旧市街の北部にあるレジデンツは、12世紀からバイエルンの地を治め、19世紀初め-20世紀初めにはバイエルン国を統治してきたヴィッテルスバッハ家の宮殿。14世紀の建築開始以来、現在の形になったのは19世紀半ばといわれ、長期にわたった増築の結果、内部は複雑な構造となっている。現在は、複数の博物館や劇場として公開されているが、栄華を極めた王家の優雅な暮らしぶりを窺えるのが、レジデンツ博物館(Residenzmuseum)。121人の歴代の王の肖像画を展示した「先祖画ギャラリー」や、世界最大のフレスコ画が丸天上を埋め尽くす「アンティカリウム」など、その豪華さに驚かされる。王家の財宝が見られる宝物庫(Schatzkammer)も併設。

DATA

所在地/Residenzsstrasse1
アクセス/UバーンオデオンプラッツOdeonsplatz駅から徒歩3分
開館時間/9:00-18:00(冬期は10:00-17:00)  休館日/無休
入館料/レジデンツ博物館:大人7ユーロ、宝物館:大人7ユーロ、レジデンツ&宝物館:大人11ユーロ

  • 王家の優雅な暮らしを伝えるレジデンツ (C)Bayerische Schlösserverwaltung

  • アンティーク彫刻のコレクションのために造られたアンティカリウム (C)Bayerische Schlösserverwaltung



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り