コーブルク - 南ドイツ観光案内サイト

古城街道 Burgenstrasse

小旅行

コーブルク Coburg


ヴィクトリア女王の夫、アルバート公の故郷

コーブルクは19世紀から20世紀初頭に掛けてザクセン-コーブルク-ゴータ公国が繁栄した宮廷都市。バイエルン州の北部に位置し、古城街道が枝分かれした先にある。公国を統治した公爵家は、大英帝国の大繁栄を築いたヴィクトリア女王の伴侶となったアルバート公を筆頭に、ヨーロッパ各地の王家とのつながりを持ち、栄華を極めた。中世に建てられた城や宮殿も、近世には公爵家の住まいや夏の離宮として使用され、その繁栄ぶりを今に伝えている。丘の上にそびえるドイツ最大級の城塞「コーブルク城塞」は、公爵家のコレクションを展示する博物館にもなっていて見ごたえ十分。ドイツで最も古い木組みの家の1つミュンツマイスターや、ルネサンス様式の市庁舎など、こぢんまりとした街に多くの見どころが点在。名物の焼きソーセージを頬張りながら散策しよう。

DATA

アクセス/ニュルンベルクからREで、1時間40分
関連サイトコーブルク観光局(日本語)

  • コーブルク城塞。デューラー、クラナッハの絵画や陶磁器、銅版画、甲冑や武器などを展示 (C)Tourismus & Kongress Service Coburg

  • 市庁舎。手前の像はアルバート公 (C)Tourismus & Kongress Service Coburg



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り