ミュンヘンのイーザル川で筏下りはいかが? - 南ドイツ観光案内サイト

バイエルン州からの季節便り

2015.04.30

ミュンヘンのイーザル川で筏下りはいかが?

ミュンヘンといえばドイツ第3の都市、そんな大都会のそばで、実は筏(いかだ)下りを体験できるのをご存じだろうか? ドナウ川の支流・イーザル川は、バイエルン州の南北を横断し、ミュンヘンの中心部を通る川。15-19世紀には重要な輸送路として利用されていた。その輸送手段として使用されたのが筏で、12世紀ごろ、川岸の農民が物資や木材を運ぶために使用したのが起源とされる。
ミュンヘンの筏下りは、19世紀と同じ作り方の筏を利用して、郊外のヴォルフラーツハウゼンからミュンヘン-タールキルヒェンへと向かう。途中には3つの急瀬もあり、最大高低差18mの急瀬を行くときは、代々その舵さばきを受け継いできたという、限られた家系の「筏師」が操る舵さばきが見もの。終点では、18トンの筏を方向転換する様子も見られる。
コース沿いは、緑あふれる田園地帯。筏では、ビールやバイエルン料理が味わえるほか、音楽も演奏。歌ったり、踊ったり、ずぶ濡れになったり、大興奮でエキサイティングな筏下りをぜひ体験しよう。

関連地名:ミュンヘン

DATA

筏下り 期間/5月1日-9月中旬 出発点/ヴォルフラーツハウゼン Wolfratshausen
出発点へのアクセス/ミュンヘン中央駅からSバーンで40分、ヴォルフラーツハウゼン下車
関連サイトミュンヘン観光局(ドイツ語)/ イーザル川筏下り(ドイツ語)

  • 筏では、ビールやバイエルンの郷土料理も提供 (C)Archiv Tölzer Land

  • 急流ではスリル満点の筏下りが楽しめる (C)München Tourismus/ Josef Wildgruber


ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り