中世の街並みを残すロマンティック街道へ - 南ドイツ観光案内サイト

バイエルン州からの季節便り

2014.05.06

中世の街並みを残すロマンティック街道へ

ヴュルツブルクからフュッセンまで続くロマンティック街道でひときわ魅力的な街がローテンブルク。中世の面影を残す町並みはまるでおとぎの国を旅するよう。街を訪れたなら、一年中クリスマス気分が味わえるケーテ・ウォルファルトのクリスマスビレッジへ。ドイツならではのお土産や伝統的でかわいいクリスマスグッズが見つかる。そして街の周囲に広がるタウバー渓谷は穏やかな気候と陽光に恵まれ、古くからブドウ栽培も行われてきた。この地域で採れるTauberschwarzと呼ばれるブドウを使ったワインもぜひ楽しみたい。
少し足を延ばせば、同じように城壁に囲まれた中世の伝統的な街並みを残すネルトリンゲンへ。なんと15万年前、隕石が落下してできた盆地に街が形成されたとか。街の中心には、ゴシック建築の"ダニエル"と呼ばれる塔を有する聖ゲオルク教会があり、塔に登ると中世の街並みと周辺の豊かな自然が見渡せる。

関連地名:ローテンブルクケーテ・ウォルファルトネルトリンゲン

  • 思わずシャッターを切りたくなるローテンブルクの街角 (C)Rothenburg Tourismus Service

  • ワインフェスティバルの様子 (C)Rothenburg Tourismus Service


ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り