【世界遺産】ローマ帝国の国境線 [バイエルン州] - 南ドイツ観光案内サイト

その他

見る

ローマ帝国の国境線 
Grenzen des Romischen Reiches /
Frontiers of the Roman Empire

ユネスコ世界遺産


ローマ帝国時代の長城跡

ローマ帝国リーメスは、2005年7月にユネスコ世界遺産に登録された。イギリスのハドリアヌスの長城(1987年に登録)と共に、国境を越えて「ローマ帝国の国境線」として知られている。フランケン地方とバイエルン地方の東部には、ローマ帝国の砦、物見櫓、集落や温泉の観光ルートがある。訪問する際は、リーメスのサイクリングルートと組み合わせるなどすれば、エキサイティングでアクティブな旅行を楽しむことができるだろう。ユネスコ世界遺産登録年: 2005年

  • ライン川とマイン川に沿って設けられた砦などの遺構 (C)BAYERN TOURISMUS Marketing GmbH



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り