ゲンゲンバッハとワインの出会いから888年の記念すべきフェスティバル - 南ドイツ観光案内サイト

ファンタスティック街道からの季節便り

2013.07.25

ゲンゲンバッハとワインの出会いから888年の記念すべきフェスティバル

なだらかな丘に沿ってワイン畑が広がるゲンゲンバッハ。温暖な気候で、黒い森の中でも有数のワイン生産地として知られ、世界的にも評価の高いワインを数多く作り出している。
9月21日と22日には、ワイン&シティフェスティバルが開催される!ゲンゲンバッハでワイン作りが始まったのは、1125年。今年は、それから888年という記念の年だ。ライン川の対岸にあるフランス・アルザスワインの町オベルネとは、パートナーシップを結んでおり、今年のフェスティバルは、フランスのサポートを受けて中世スタイルで行われる。中世の傭兵やバンド、奇術師なども登場予定で、おもしろそうなプログラムが盛りだくさん!
各ワイナリーのとっておきのワインが飲めるほか、収穫したばかりのブドウを使った新酒ワインも登場する。新酒ワインは、この時期にしか飲めないので、ぜひフェスティバルに参加して、フレッシュでフルーティな味を堪能してほしい。
秋は、気候がよいので、スポーツやレジャーを楽しむのにも最適。フェスティバルのあとは、ゲンゲンバッハを起点に、サイクリングで黒い森を周ってみては?

関連地名:ゲンゲンバッハ

DATA

ゲンゲンバッハ ワイン&シティフェスティバル
開催日/9月21日(土)・22日(日)
関連サイトゲンゲンバッハ観光局(ドイツ語)

  • フェスティバルの様子。右の建物は「アドベントカレンダー」で有名な市庁舎。

  • ゲンゲンバッハの美味しいワインが存分に楽しめる、ワイン好きにはたまらないイベント。

  • 普段は静かな街だが、フェスティバルには大勢の人がワインを求めて訪れる。

  • ワイン畑が広がる丘。牧歌的な風景を楽しめるのもゲンゲンバッハの魅力。

  • 各ワイナリーを訪ね歩くのもオススメ。

  • 黒い森の中北部にあるゲンゲンバッハ。見渡す限りワイン畑!


ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り