リュートの街フュッセンで開催される音楽イベント - 南ドイツ観光案内サイト

バイエルン州からの季節便り

2013.05.13

リュートの街フュッセンで開催される音楽イベント

森と湖に恵まれた自然豊かなフュッセンは、ヨーロッパにおけるバイオリン制作の歴史に重要な役割を果たしてきた街。1562年にはヨーロッパで初めてリュート(バイオリンの起源とされる楽器)のギルドが設立され、18世紀には、80にもおよぶバイオリンメーカーの工場があった。この夏、フュッセンでは、街の音楽的遺産をより高めるために、さまざまなイベントを開催予定。
まず、聖マング修道院の中にある市の博物館では、著名な楽器コレクターによるコレクションを展示する。象牙で装飾された16世紀のリュートは必見の価値あり。そのほか、常設展でもリュートなどの楽器の歴史をたどることができる。湖に浮かぶ遊覧船上でのオープニングイベントで始まるジャズフェスティバルも楽しみだ。招待アーティストは、"Take 6""Big Daddy Wilson blues band" "KLAZZ Brothers"など。
8月末から9月初旬にかけて行われる音楽祭"vielsaitig"には、話題沸騰中のオルガン・パフォーマー、キャメロン・カーペンターが登場。超絶技巧なオルガン演奏を見せてくれそうだ。そのほか、"フライブルク バロックコンソート""ヴェルディ カルテット"など、クラシックから現代室内楽までクロスオーバーなプログラムが予定されている。音楽イベントの最後を飾るのは、ドイツが誇るお城ノイシュヴァンシュタイン城でのオペラ。宮殿で最も大きな部屋は、音響効果も素晴らしく、上演されるのは、ルートヴィッヒII世が心酔したとされるワーグナー作「トリスタンとイゾルデ」。ほかにハイドン、モーツァルトなどの作品も上演される。この機会にドイツで音楽の旅を楽しんでみてはいかが?

関連地名:フュッセンノイシュヴァンシュタイン城

DATA

音楽イベントスケジュール
リュート、ギター、マンドリンの歴史展/7月20日~9月8日(場所:市立博物館<聖マング修道院内>)
Fuessen goes Jazz/8月1~4日(場所:聖マング修道院中庭&ゾンネホテル)
vielsaitig/8月28日~9月7日(場所:聖マング修道院) 
古城コンサート/9月14日~22日(場所:ノイシュヴァンシュタイン城大広間)
関連サイトフュッセン観光局(ドイツ語)

  • Big Daddy Wilson (C) Fuessen Tourismus und Marketing / www.lukafo.de

  • オルガンパフォーマー、Cameron Carpenter (C)Peter Ross


ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り