オペラ、バレエ、オーケストラ、シュトゥットガルトで芸術三昧! - 南ドイツ観光案内サイト

ファンタスティック街道からの季節便り

2012.05.16

オペラ、バレエ、オーケストラ、シュトゥットガルトで芸術三昧!

バーデン・ヴュルテンヴェルク州の首都、シュトゥットガルトは産業、スポーツのほか、芸術も見逃せない都市。州立歌劇場を拠点として、オペラ、バレエ、オーケストラなど卓越したエンターテインメントは、ヨーロッパでも高い評価を受けている。この地を訪れたなら、ぜひ時間を作って芸術鑑賞を楽しみたい。また、この州立劇場は建物自体も芸術的価値が高く、特に天井に描かれたフレスコ画が見事。州立劇場の向かいには州立美術館があり、近代芸術のコレクションをそろえている。市立美術館も、ほど近い宮殿広場前。ディックスコレクションが有名だが、全面ガラス張りキューブ形の建物が夜の街に浮かび上がる姿を見るだけでも訪れる価値があるだろう。
また、時間があれば、足を延ばして近郊のルートヴィヒスブルク宮殿を訪ねたい。ここは、1932年に始まった伝統的なルートヴィヒスブルク音楽祭の舞台。ドイツ最大のバロック宮殿を会場に、ヨーロッパ最古の劇場やデラックスな広間、雰囲気抜群の中庭などを使用して、ソロ演奏、室内楽団、オーケストラなどによるさまざまな音楽プログラムが組まれている。

関連地名:シュトゥットガルト 州立劇場・オペラ座 州立美術館・市立美術館 ルートヴィヒスブルク宮殿

  • 国際的に活躍するシュトゥットガルト・バレエ団。日本人にもファンが多い

  • シュトゥットガルト州立歌劇場。オペラやオーケストラを堪能しよう

  • 州立美術館の旧館。新館は流線形の印象的な建物

  • 市立美術館。夜になるとケーニッヒ通りに光の彫刻のように浮かび上がる

  • ルートヴィヒスブルク宮殿のオペラコンサートの会場

  • ルートヴィヒスブルク宮殿でのコンサート


ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り