河川交通博物館 - 南ドイツ観光案内サイト

ゲンゲンバッハ gengenbach

見る

河川交通博物館 Floesserei & Verkehrsmuseum

文化施設>博物館


いかだ乗りたちの歴史を知る

キンツィヒ門塔から少し離れたところに、元踏み切り番小屋を利用した河川交通博物館が建っている。かつて黒い森から切り出した丸太を、キンツィヒ川からいかだに積んで、ライン川経由でアムステルダムまで運んでいた。いかだ乗りの男たちは、心身ともに屈強だったと伝えられている。博物館の隣には、いかだ乗りたちが安全を祈願するために建てられたチャペルが残っている。

DATA

所在地/Gruenstrasse 1 - bei der Kinzigbruecke
開館日/4~10月の土・日曜
開館時間/土曜14:00~17:00、日曜10:00~12:00&14:00~17:00
入館料/2.5ユーロ
HP河川交通博物館HP(ドイツ語)

  • 壁にはいかだ乗りが描かれている



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り