南ドイツの奇祭、アレマン風ファスネットに出かけよう! - 南ドイツ観光案内サイト

ファンタスティック街道からの季節便り

2012.02.12

南ドイツの奇祭、アレマン風ファスネットに出かけよう!

キリスト教最大のイベント・謝肉祭を、ゲルマン民族の原初的な祭礼の姿を保ちつつ現代に伝えているのが、バーデン・ヴュルテンベルク州で見られるアレマン風ファスネット。手作りの衣装と木でできたお面を付け、魔女か道化師のような姿の人々によって、賑やかなパレードが繰り広げられる。黒い森の西、国境沿いのライン渓谷にある小さな町、ブライザッハでもこのアレマン風ファスネットを見ることができる。ブライザッハは1275年、ハプスブルク家のルドルフ皇帝により、特権を与えられた歴史を持つ。お祭りはこの歴史的事実を祝う記念日でもあり、賑やかなパレードが繰り広げられる。同じく黒い森の西麓、ゲンゲンバッハのファスネットもおすすめだ。中世の街並みが残る中、魔女と道化師による仮装パレードは一目見る価値がある。特に道化師の衣装は、柄の違う生地を何枚も使用した独特なもの。街中がお祭り一色になるこの季節、ぜひ訪れてみては?

関連地名:黒い森ゲンゲンバッハ

DATA

2012年カーニバル開催スケジュール/2012年2月16日~21日
2013年カーニバル開催スケジュール/2013年2月7日~12日
2014年カーニバル開催スケジュール/2014年2月27日~3月5日
関連サイトブライザッハ観光局(ドイツ語) ゲンゲンバッハ観光局(ドイツ語)

  • 街はお祭り一色に飾られる(ゲンゲンバッハ)

  • 色とりどりの衣装の道化師と特徴的なお面の魔女(ゲンゲンバッハ)

  • パレードは大人も子どもも参加して行われる(ゲンゲンバッハ)

  • 道化師をかたどった山車も登場(ブライザッハ)

  • アレマン風ファスネットの伝統的スタイル(ブライザッハ)

  • ルドルフ皇帝から街に与えられた特権を祝うお祭りでもある(ブライザッハ)


ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り