クリスマスは雪化粧をまとった白鳥城の拠点、フュッセンで... - 南ドイツ観光案内サイト

バイエルン州からの季節便り

2011.11.07

クリスマスは雪化粧をまとった白鳥城の拠点、フュッセンで...

ロマンティック街道とアルペン街道の交差点に位置するフュッセン。この街でも、12月の2~4日、9~11日の2回にわたりクリスマスマーケットが開かれる。街の中心部には伝統的なバイエルン地方の工芸品を売る市が立ち、聖マンク修道院の中庭でも、焼きりんごなどを提供する屋台が並び、ステージでは「クリスマスキャロル」の上演も。フュッセンはドイツアルプス北麓の高原に位置するが、冬になれば一面白銀の世界が広がる。雪化粧をしたノイシュヴァンシュタイン城、訪問者で込み合うことなく厳かな雰囲気が味わえるヴィース教会、高原でのウインタースポーツなど、冬ならではの魅力もぜひ。

関連地名:フュッセンノイシュヴァンシュタイン城

DATA

アクセス/ミュンヘンからRE快速で約2時間
開催期間/12月2~4日、9~11日
関連サイトフュッセン観光局

  • 聖マンク修道院の中庭で開催されるクリスマスマーケットの様子

  • ウインタースポーツの拠点としても最適な街

  • まさに「白鳥城」の名を彷彿とさせる雪景色のノイシュヴァンシュタイン城

  • 旧市街では散策の休憩に持ってこいのレストランやカフェもある


ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り