ウルム - 南ドイツ観光案内サイト

ドナウ川 Donau

小旅行

ウルム Ulm


悠久の大河・ドナウに臨む、文化と学術の街

ドナウ川にブロイ川が注ぐ地点に造られた街で、多くの川や運河が市内を巡る水の都。漁師地区には、古い水車や川魚料理のレストランが点在する。街のシンボルは、162mという世界一高い塔がある大聖堂。塔内は143mの地点まで登ることができ、晴れた日にはドイツアルプスまで遠望できる。アインシュタインの生地として知られ、モーツァルトやカラヤンにも縁が深い。多くの博物館や大学、研究施設などが集まる、文化の香り高い古都。

DATA

アクセス/シュトゥットガルト中央駅からICEで約55分
HPウルム観光局

  • 世界一の高さを誇るウルムの大聖堂。(C)Ulm/Neu-Ulm Touristik GmbH

  • 大聖堂内部。天井や柱の美しい装飾に目を奪われる。(C)Ulm/Neu-Ulm Touristik GmbH

  • 川の対岸から街を望む。天高くそびえる大聖堂がウルムのシンボル。(C)Ulm/Neu-Ulm Touristik GmbH



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り