【世界遺産】アルプス山系の先史時代杭上住居跡群 [バーデン・ヴュルテンベルク州] - 南ドイツ観光案内サイト

ボーデン湖畔―メーアスブルク Bodensee-Meersburg

見る

アルプス山系の先史時代杭上住居跡群
Praehistorische Pfahlbauten um die Alpen /
Prehistoric Pile dwellings around the Alps

ユネスコ世界遺産


他では見られない珍しい展示物

紀元前5000年頃から紀元前500年頃までに造られた杭上住居の遺跡群。アルプス一体にあり、ドイツのほか、スイス、オーストリア、フランス、イタリア、スロヴェニアの6カ国の杭上住居遺跡群が「アルプス山系の先史時代杭上住居跡群」としてユネスコ世界遺産に登録されている。ボーデン湖畔のウンターウールディンゲンにある杭上住宅遺跡群は、石器時代と青銅器時代の住居を再現した大きな野外博物館・プファールバウ博物館となっている。湖に立つ杭上家屋は原始時代の藁ぶき家屋で、他では見られない珍しいもの。リアルに再現された杭上住居で、当時のリアルな生活を体験することができる。
ユネスコ世界遺産登録年:2011年

DATA

所在地/Stettener Strasse 11
開館時間/4月~9月9:00~19:00(10月は17:00まで)※11月~3月は月毎に開館日が異なりますのでご注意ください  料金/7ユーロ
プファールバウ博物館へのアクセス/コンスタンツからフェリーでメーアスブルクへ渡り、バスAST682番で15分。コンスタンツから4番のバスでマイナウ島へ行き、フェリーで12分。
関連サイトメーアスブルク観光局(ドイツ語)

  • 紀元前5,000年から紀元前500年の間にあった太古の集落を復元。(C)Tourismus-Marketing GmbH Baden-Wuerttemberg

  • 水の中に杭を立ててその上に住居を建てている。(C)Tourismus-Marketing GmbH Baden-Wuerttemberg

  • 2011年にユネスコ世界遺産にも登録されている。(C)Tourismus-Marketing GmbH Baden-Wuerttemberg

  • リアルに再現された集落で当時の暮らしを体感。



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り