【世界遺産】ローマ帝国の国境線 [バーデン・ヴュルテンベルク州] - 南ドイツ観光案内サイト

その他

見る

ローマ帝国の国境線
Grenzen des Romischen Reiches /
Frontiers of the Roman Empire

ユネスコ世界遺産


ローマ VS ゲルマンの最前線

ドイツ・リーメスは、古代ローマ帝国がゲルマン民族の侵攻を防ぐために構築した防衛線。AD80年代に皇帝ドミティアヌスによって着工され、およそ40年の歳月をかけて、ボン南部のライン河畔からドナウ川のレーゲンスブルクに至る防衛線が形成された。2005年、全線がユネスコ遺産に登録。現在はドイツ・リーメス街道として、沿道各地に見張り塔(Turm)、砦(Kastell)、浴場跡(Bad)が発掘、保存、再建されている。リーメス街道本部があるアーレンには、発掘品や資料を展示するリーメス博物館が設けられている。

DATA

アーレン・リーメス博物館へのアクセス/アーレン駅まで、シュトゥットガルトからICで約50分。アーレン駅下車徒歩約10分
HPリーメス博物館(ドイツ語)



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り