【世界遺産】僧院の島ライヒェナウ - 南ドイツ観光案内サイト

ボーデン湖畔―コンスタンツ Bodensee-Konstanz

見る

僧院の島ライヒェナウ
Klosterinsel Reichenau / Monastic Island of Reichenau

ユネスコ世界遺産


3つの教会と農業の島

ボーデン湖最大の島ライヒェナウは、全長4.5km、全幅1.5km。「キリストの奇跡」が壁一面に描かれた聖ゲオルク教会、島の一番奥にあり、美しい天井画と白亜の壁が印象的な聖ペーター・パウル教会、一番古い部分は816年に造られたという聖マリア・マルクス教会などは、中世初頭、カロリング朝からロマネスク(8~11世紀)にかけての建築様式を伝える貴重な建築群。また、本土から孤立した島内では、自給自足の農業生産体系を作り上げ、民俗衣装や民兵制度など、独自の文化を守ってきた。島の中央には博物館があり、1階ではライヒェナウ島の農業とブドウ栽培について、2階では民族衣装や民兵についての紹介、3階では修道院の歴史に関する展示をしている。島の全域が2000年、ユネスコ文化遺産に登録された。現在では橋が架かり、自由に行き来できる。
ユネスコ世界遺産登録年:2000年

DATA

アクセス/コンスタンツ駅からSBBで8分のライヒェナウ(バーデン)駅で7372番のバスに乗り換え。聖ゲオルク教会へはReichenau Oberzell Kreuz下車
関連サイトユネスコ遺産・僧院の島ライヒェナウ(英語)ライヒェナウ島(ドイツ語)

  • ボーデン湖に浮かぶ最大級の島だが、本土と道路でつながっているため、アクセスが良いのも魅力。(C)Tourismus-Marketing GmbH Baden-Wuerttemberg

  • 聖ゲオルク教会。1000年以上前に描かれた壁画「キリストの奇跡」が壁一面を覆い尽くす。

  • のどかな風景の中に佇む聖ペーター・パウル教会。(C)GNTB/Keller, Insel Reichenau



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り