【世界遺産】マウルブロンの修道院群 [シュトゥットガルト] - 南ドイツ観光案内サイト

その他

見る

マウルブロンの修道院群
Klosteranlage Maulbronn / Maulbronn Monastery Complex

ユネスコ世界遺産


中世の修道院施設がそのままに残る

シトー派の修道院として1147年に創立されたマウルブロン修道院。城壁と濠に囲まれた広大な敷地内には、礼拝堂、修道士たちの寄宿舎、塔、神学校、薬局、レストラン、博物館など多くの建物が並び、まるで小さな村のよう。若き日のヘルマン・ヘッセはマウルブロン神学校で学んでいたが、わずか8カ月で退学。この間の体験は、青春文学の傑作『車輪の下』をはじめ、多くの詩や随筆に綴られている。ヘッセの文庫本を持って訪れたい。ユネスコ世界遺産登録年:1993年

DATA

所在地/Kloster Maulbronn
拝観時間/3~10月9:00~17:30、11~2月9:30~17:00 休館日/3~10月は無休、11~2月は月曜
入館料/5ユーロ
アクセス/シュトゥットガルト中央駅からREで約40分、またはハイデルベルク中央駅からREで約50分のミュールアッカー駅から700番のバスに乗り継いで約20分
HPユネスコ遺産・マウルブロン修道院(英語)マウルブロン修道院(ドイツ語)

  • かつての修道院の栄光を感じさせる外観。(C)GNTB/Keute, Jochen



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り