フライブルク - 南ドイツ観光案内サイト

黒い森 Schwarzwald

小旅行

フライブルク Freiburg


黒い森に抱かれた優美なエコ&カル・シティ

「キリスト教世界で一番美しい」と称えられる塔を持つ大聖堂を中心に、大学や多くの研究機関が集まる文化(カルチャー)の香り高い古都。背後に広がる黒い森からの流れが「ベッヒレ」と呼ばれる水路となって、町中を巡る。LRTの導入や最先端のゴミ処理&リサイクルシステムを有するなど、環境(エコロジー)対策の先進都市としても名高い。かつてはハプスブルク家の支配下にあり、北部ドイツとは異なった華やかさが漂う街でもある。

DATA

アクセス/フランクフルト空港駅からICEで約2時間10分
関連サイトドイツ歴史古都連盟・フライブルク(英語)

  • 人々で賑わう旧市街。(C)HHoG/Rudek

  • 街の中を流れる水路「ベッヒレ」。(C)FWTM - Schoenen

  • フライブルクにあるファイアーリングビール醸造所のビアガーデン。(C)HHoG/Rudek

  • ライン川上流地域の芸術品を集めたアウグスティーナー博物館。コレクションは民芸品から絵画まで幅広い。(C)HHoG/Rudek

  • フライブルクの最高級ホテル「コロンビホテル」の庭園。ホテルのレストランはミシュランで星も獲得している。(C)HHoG/Rudek

  • ドイツでも屈指の美しさを誇るフライブルクの大聖堂。(C)FWTM - Raach



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り