ヴィルトゼー - 南ドイツ観光案内サイト

黒い森 Schwarzwald

遊ぶ

ヴィルトゼー Wildsee

アウトドア>湖・湖畔


氷河期の名残の湖。ハイキングの後は麓の温泉へ

ヴィルトゼーは、北シュヴァルツヴァルトの標高900mの山上にある二つの小さな湖。氷河期末期に生まれた天然湖で、周囲には珍しい植物が繁茂する湿原が広がっている。湖の周辺一帯は、ヨーロッパのサンクチュアリ・システム「Natura2000」の登録地。湿原には木道が設置され、標識も完備。休憩所や野鳥観察所などの施設も整っている。登山口のカルテンブロンから湖へ向かうルートは、森の中を行くさわやかなハイキングコース。

DATA

アクセス/フランクフルト空港駅からカールスルーエとプフォルツハイムで乗り換えてバード・ヴィルトバードまで約2時間25分、またはシュトゥットガルト中央駅からプフォルツハイム乗り換えでバード・ヴィルトバードまで約1時間20分。バード・ヴィルトバードからヴィルトゼーまでは徒歩で約2時間30分、途中までバス、ケーブルカーあり
関連サイトバート・ヴィルトバート観光局・ヴィルトゼー湿原



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り