カールスルーエ城 [カールスルーエ] - 南ドイツ観光案内サイト

その他

見る

カールスルーエ城 Schloss Karlsruhe

史跡・建造物>宮殿


植物園やギャラリーも備えた壮麗な宮殿

1715年、辺境伯カール・ヴィルヘルムは、自らの名を冠した都市──カールスルーエの建設に着手。都市の中心となったのは、ベルサイユ宮殿を手本としたカールスルーエ城だ。城のシンボルは7階建て八角形の塔で、ロココと新古典様式の華麗な内装を誇る。現在は州立博物館として公開されている。庭園内の州立美術館では、レンブラントやドイツルネサンスのルーカス・クラナッハなど、中世から19世紀にかけての充実したコレクションを展示。

DATA

所在地/Schloss 76131 Karlsruhe
開館時間/火~木曜10:00~17:00、金~日曜・祝日10:00~18:00 休館日/月曜 入館料 /4ユーロ
アクセス/シュトゥットガルト中央駅からカールスルーエ中央駅駅までTGVで37分、フランクフルト空港駅からカールスルーエ中央駅までICEで1時間6分、バーデン・バーデン駅からカールスルーエ中央駅までICEで14分、REで19分。カールスルーエ中央駅からカールスルーエ城まではトラムで約10分
HPカールスルーエ城(ドイツ語)

  • クリーム色の美しい外観

  • 城の裏手にある植物園も人気



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り