昔の宮殿、現在の市庁舎 - 南ドイツ観光案内サイト

ワインハイム Weinheim

見る

昔の宮殿、現在の市庁舎 Ehemaliges Schloss, heute Rathaus

史跡・建造物


プファルツ選帝侯の城館が市庁舎に

現在市庁舎と市役所として使われているかつての宮殿には、様々な時代の建築様式が見られる。最も古い部分はオーバートーア塔の入り口で、1400年頃の建造物だが、17世紀末に改造され中世の防御設備としての面影はない。その右側は1537年のルネッサンス様式建物のクアプファルツ宮殿。選帝侯家のオットーハインリッヒやヨハン・ヴィルヘルム、その妃アンナ・マリア・ルイザ・メディチ、エリザベート・アウグステがこの宮殿に長い間住んでいた。さらに19世紀後半にベックハイム家により改築された宮殿部分が続き、1868年に建造されたネオゴシック様式の塔(D入口)がある。オーバートーアの南にあるバロック様式の宮殿部分はウルナー・フォン・ディーブルク家が1725年建てた建物(A入口)。1938年よりすべてワインハイム市の所有となった。

関連スポット

  • 度重なる改築で、さまざまな建築様式が見られる



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り