インペリア像 - 南ドイツ観光案内サイト

ボーデン湖畔―コンスタンツ Bodensee-Konstanz

見る

インペリア像 Imperia


ボーデン湖畔に立つ女神像

コンスタンツの港に立つ、高さ9メートル重量18トンの巨大な彫像。作者はペーター・レンケ。女性像の名前がは、コンスタンツの宗教会議(1414-1418)が開かれていた時代の愛妾"美しいインペリア"を扱ったフランスの作家オノレ・ド・バルザックの小説に由来する。

DATA

アクセス/コンスタンツ駅から徒歩5分
関連サイトコンスタンツ観光局(ドイツ語・英語あり)

関連スポット

  • 湖畔に佇むインペリア像。湖を見回すようにゆっくりと回転している

  • 美しく穏やかな顔で湖を見守っている



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り