ヴァイセンホーフ住宅博物館 [シュトゥットガルト] - 南ドイツ観光案内サイト

その他

見る

ヴァイセンホーフ住宅博物館 Die Weissenhofsiedlung

文化施設>博物館


名匠ル・コルビジェ、ブルーノ・タウトらが設計したモダン住宅

1927年、ドイツ工作連盟博覧会の住居展(DieWohnung)で建てられた33棟のモデル住宅群。ミース・ファン・デル・ローエ、ブルーノ・タウト、ヴァルター・グロピウスといった、ヨーロッパを代表する錚々たる建築家やインテリアデザイナーが参画、現代につながるモダン建築の先駆けとなった。博覧会後はシュトゥットガルト市営住宅となっていたが、昨年からル・コルビジェ設計の住宅が博物館として一般公開されている。館内の半分は建設当時の姿に復元され、往時の資料展示や各建築家の紹介も行っている。

DATA

所在地/Rathenaustrasse 1-3
開館時間/火~金曜11:00~18:00、土・日曜10:00~18:00 休館日/月曜 
入館料/大人5ユーロ、学生2ユーロ
アクセス/地下鉄U7キレスベルク・メッセKillesberg Messee駅から徒歩約5分、または市バス44番キレスベルク・メッセKillesberg Messe行きでクンストアカデミーKunstakademie下車、徒歩約2分
HPヴァイセンホーフ住宅博物館 (英語)

関連スポット

  • 80年以上前に作られたとは思えない斬新で前衛的な建築

  • ル・コルビジェによって作られた建物は現在はミュージアムに



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り