カール・テオドール橋 - 南ドイツ観光案内サイト

ハイデルベルク Heidelberg

見る

カール・テオドール橋 Karl-Theodor Bruecke

史跡・建造物>橋


旧市街への入り口となる美しいアーチ橋

ネッカー川の水面に美しいアーチを映す、ハイデルベルクのシンボル的な橋。ここに最初の橋が架けられたのは1284年のことで、アルテ・ブリュッケ(古い橋)とも呼ばれる。当時は木の橋で洪水のたびに流されていたが、1788年に選帝侯カール・テオドールによって堅固な石橋に架け替えられた。旧市街側には双塔を持つ橋門があり、落とし戸で橋を閉鎖できる。これはフランス軍に対する防御用で、かつては市城壁の一部を成していた。

DATA

アクセス/ハイデルベルク中央駅から34番のバスでアルテ・ブリュッケAlteBruecke下車
関連サイトハイデルベルク観光局(ドイツ語・英語あり)

  • ネッカー川にかかるカール・テオドール橋

  • 橋を渡って対岸から旧市街を眺めるのもいい



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り