レーゲンスブルク - 南ドイツ観光案内サイト

ドナウ川 Donau

小旅行

レーゲンスブルク Regensburg


ドナウ河畔の世界遺産の街

レーゲンスブルクは2000年の歴史を誇る古都。ドナウ南岸に築かれたローマ軍団駐屯地が始まりで、その後も帝国自由都市として華やかな歩みを続けてきた。ローマ時代の史跡や旧市庁舎(帝国議会博物館)などが残る「レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ」は世界遺産に登録されている。Hutkonig(帽子の王様)、Buersten Ernst(エルンストブラシ店)などの専門店、1676年創業というドイツ最古のケーキ屋さんConfiserie Prinzess(王子のケーキ屋)など、個性あふれるお店めぐりも楽しい。

DATA

アクセス/ミュンヘンからRE快速またはAlex(私鉄)で約1時間30分。ニュルンベルクからICE特急で約55分
HPレーゲンスブルクHP(日本語)

  • 世界最古の石橋と旧市街

  • 石橋から旧市街を望む。中央にそびえる尖塔は大聖堂 (C)BAYERN TOURISMUS Marketing GmbH

  • レーゲンズブルク少年合唱団。大聖堂の日曜のミサで歌声を聞ける



ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り