ルードヴィッヒ2世没後125年を記念してヘレンキムーゼのお城公開 - 南ドイツ観光案内サイト

バイエルン州からの季節便り

2011.07.07

ルードヴィッヒ2世没後125年を記念してヘレンキムーゼのお城公開

今も世界中から関心を集め続けているバイエルン国王・ルードヴィッヒ2世。若くして王位を継承した彼は、なぜ戦争をし、ドイツ皇帝を推戴しなければならなかったのか......。産業革命の時代を生き、40歳で謎の死を遂げたルードヴィッヒ2世をめぐる展示会が開催される。ルードヴィッヒ2世は、ノイシュヴァンシュタイン城などを建設したことから「メルヘン王」などとも呼ばれているが、本展の会場は、彼が建てた城の一つであるヘレンキムーゼ城。ヘレンキムーゼ城の未完成の北翼部分が今回初めて公開される。ルードヴィッヒ2世の没後125年を記念して開催されるバイエルン州の特別展。ぜひ、お見逃しなく!

関連地名:ヘレンキムーゼ

DATA

会場/ヘレンキムーゼ城
開催期間/5月14日-10月16日
開城時間/9:00-18:00
料金/9.50ユーロ(ヘレンキムーゼ島で開催されているすべての州展示への入場可能)
関連サイトバイエルン州立歴史博物館(日本語)

  • ヘレンキームゼ城はルードヴィッヒ2世が最後に建てた城


ビオテックアカデミー
 
ワールドブライダル
南ドイツのユネスコ【世界遺産】
ペーターと行く!!! 南ドイツゆる旅ビデオブログ
ペーターの南ドイツ便り